アルバイト体験

付き合いで始めたアルバイト

親戚の姉が早朝の新聞配りをしていたので、それに誘われて新聞配りを始めました。
当時私は高校に上がったばかり。
夏休み バイト
生活のサイクルが学校を中心に回っていたものの、夕方頃に寝て早朝日が昇る前に起きて勉強をするという習慣になっていました。
それを親戚の姉に話したところ、もしよかったらと新聞配りをすすめられたのがきっかけでした。最初は道を覚えるまで付き添ってもらっていたのですが、段々と慣れてくると自転車に乗って一人で配ることが出来ました。
やはり雨の日や雪の日は新聞が濡れないように苦心していましたが、夏の早朝は涼しい中サイクリング気分でとても気持ちよかった思い出があります。
新聞を配るだけなので対人関係もほとんどありませんでしたし、気軽に続けられるバイトだったので大学に在籍中もしばらく続けていたほどです。

 

アルバイトもお給料を頂くもの

 

私が初めてアルバイトをしたのは高校2年生の時でした。とても軽い気持ちで両親にアルバイトがしたいと言い、ファミリーレストランに面接に行きました。面接をしてくださった方は30代の女性の方でとても優しそうなイメージで、好印象を持ちました。そのごすぐに2、3時間の短いバイトをし始めました。最初はメニューや後片付けの仕方を教えていただきました。メニューがとても多く、なかなか覚えられませんでした。家にメニュー表を持って帰り勉強していました。徐々に覚える仕事量が増え、大変になってきてしまいました。毎日の数時間がとても苦痛になってきていました。そんな時に仕事でミスをしてしまい、注意をされてしまいました。軽い気持ちでアルバイトはするものではないと思いました。

 

農家でのアルバイト体験

 

高校に上がった頃に母から紹介されたアルバイトに通っていました。
知り合いの農家の忙しい時期だけでいいので、という誘いだったので付き合いの延長で始めました。
日中は部活が忙しく、自宅に帰るのも遅かったので夏休みや冬休みのうちの10日程度アルバイトに行きました。
そこはしいたけの栽培を主にされていて、等間隔に切ってある原木に小さなドリルで穴を開け、しいたけの菌を詰めていくという作業を朝から夕方まで繰り返します。
原木を動かすというある程度の力仕事は必要になものの、作業場には私一人だったので気が楽でした。
菌が入ったシートの枚数によって給料が決まってくるので毎日全力でやっていました。
作業のコツを掴むまでは給料面が不安定だったのですが、高校を卒業する頃には倍くらい稼げるようになっていたので、農家の方からも褒められてとても嬉しかった思い出があります。

今年ももう後半戦に入りましたね。
まだ早いと思いつつも、7月になると来年のことを考えてしまいます。
この厳しい生活を打破できるだろうか・・・

 

なんとか収入を増やそうと思っても、そう簡単にお金は増えません。
こうなると早めに行動あるのみ!
休みや睡眠時間を削って働くしかありません。

 

さっそくバイト求人サイトをチェックするも、そんなに求人数って増えてませんね。
景気が良くなって有効求人倍率が増えたって言うのは、正社員の募集だけ?
3ヶ月前と比べて、時給もさほど変わってないし、アルバイトには景気の波はまだきてないのかな。

 

週末だけ働ける仕事も少ないし、夜だけの仕事も飲食関連ばかり。
う〜ん、選択肢がもっと欲しいですね。
贅沢は言ってられないけど、もう少し様子見かな。
職の流動化がもっと進んで、アルバイトに対する認識が変わってくれると良いんだけど。

続きを読む≫ 2014/07/02 20:13:02

私には特技があります。
その特技は衝動買いです。
さっきもネットでポチっと買ってしまいました。
もうしばらくは買い物しないと思っていたのに。

 

来月の引き落としが心配なので本格的にアルバイトを探してみようかと思っています。
会社にはこっそりできるものでないといけないのです。
以前販売員をしていたので販売は得意です。
でも、それはお店に立たないといけないのでNGです。
販売だと時給アップで稼ぐ自信があるのにな。

 

在宅も考えましたがそれはあまりに稼げなさそうなので却下です。
やはり短期間でお金になるアルバイトでなければ意味がないのです。

 

なので考えたのが昔取った杵柄ということで棚卸バイトを探してみようと思います。
夜中のバイトで起きていられるか不安ですが、販売員時代にたくさんしていた棚卸です。
さっそく探してみようかと思います。

続きを読む≫ 2014/07/02 20:12:02

こんにちは〜!!昨日、久しぶりに自分が通った大学の近くを通りかかりました。在学中に、アルバイトでお世話になったお店が『ケーキ屋さん』で、まだお店が顕在だったことがうれしかったです!!
 当時、『アルバイト』が当たり前の時代ではなくて、きちんと単位が取れるならやってもいいのかな?みたいな風潮だったのですが、なぜか『ケーキ屋』さんならOKだろうという口コミが生徒間で勝手に流行り、わたしも応募(笑)
 ショーケースの反対側(お客様とは反対側)で、ケーキと商品名が合致するように小さな紙に品名を書いたはいいけど、小さすぎて読めなかった…とか、「あなただったら、どのケーキを選びますか?」や「お任せします。予算は3000円。」など、はらはらドキドキの研修期間だったことを思い出しました!!
 子どもが大きくなって、「アルバイトがしたい!!」って言ったら即答で「ケーキ屋さんは?!」って言うと思います。
 楽しいアルバイトでの経験は、社会人なってから活かされています。

続きを読む≫ 2014/07/02 20:12:02

私が現在のシステム開発会社に就職できたのは、プログラマーのアルバイトを経験したことが重視されたからでした。
私は20代半ばに、システム開発会社に転職しようとして、就職活動をしました。
その時はシステム開発の経験がゼロでしたので、応募した10社全てが不採用でした。
その時のある面接で、面接官の方にシステム開発業界は開発経験が無いとなかなか採用されない事を聞きました。
私はシステム開発会社への就職が諦め切れなかったので、一旦プログラマーのアルバイトをすることにしました。
そして、プログラマーのアルバイトを2年間経験した後、再度システム会社へ就職活動を始めました。
アルバイトでしたが、システム開発の経験をしたので、面接では割とスムーズに話が出来るようになり、応募した3社目で、内定を貰う事が出来ました。
アルバイトの経験が重視された結果だと思いました。

続きを読む≫ 2014/07/02 20:12:02

郵便局で深夜バイトしています。
主にはがきの仕分け(送り先の地域ごとに)。時給は深夜割増もあって意外といいのですが、如何せん眠気との戦いが待っています。途中で1時間の長い休憩があるのですが、その時間はひたすら仮眠に充てています。仕事内容自体はそんなに難しくないというか、慣れれば比較的オートマチックにできるようになります。要は、睡魔に憑りつかれないようにすることですね。
楽しみは、郵便局内に大浴場があるので(割と大きな郵便局なんです)、仕事終わりに湯船につかることですね。時には疲れで浴槽の中で眠りに落ちかけてしまうことも・・・・。
明け方に終わって、帰宅後は数時間寝て大学へと向かう生活を送っていますが、睡眠が途切れ途切れになるのでややハードな生活です。
知り合いに誘われて始めたはいいですが、もう少しタフさが私の場合は必要です。
誘ってくれた知り合いは飄々と深夜バイトと学生生活を両立してます。逞しいなぁ・・・。

 

続きを読む≫ 2014/07/02 20:09:02

主人が経営するバーでたまにアルバイトでお手伝いをしてくれるモデル風イケメン君がいます。

 

彼は30代前半で、スラっと背が高くほっそりのいかにもモデル体型で、知り合いのつてでアルバイトでモデル業もしちゃったりのイケメン君。
すでにマンションも購入して一人暮らしなのだけど、なかなか彼女が出来ない。

 

というか、女性を選ぶ目がないといった方が良いのかも。
なぜだか問題のあるような女の子とばかりツルんで、遊ばれて終わってしまうような残念な話ばかり聞いていて、本人は本当に心優しく素敵な男性だから早く良い人とめぐり会わないかなとずっと想ってたのです。

 

そんな中、遂に彼女が出来たと紹介してくれたのです。
すんごく美人さんで性格も素敵な女性でした。
こんな素敵な女性に会うために遠回りしてたのね!と納得です。
いいな、若いって(笑)

 

 

アルバイトは社会人には必要な勉強

 

私は今まで何個かのアルバイトをしてきましたが、どれも接客業ばかりをしてきました。接客業はとても大変だが、とてもやりがいのある仕事だと思っています。さらに、自分の明るい前向きな性格には接客業が向いていると思っています。体を動かしたり、お客様と会話をすることはとても楽しいです。その反面、言葉遣いや態度に気を付けなければなりません。いつどこで誰に見られているか分からない為、いつも緊張しながらアルバイトをしていました。
アルバイトで接客業をしていたおかげで、社会でのマナーや言葉遣いが人並みには出来る上で社会人になることができました。アルバイトは、社会人になる前に必ずやっておいた方が自分のためになると思いました。

続きを読む≫ 2014/07/02 20:08:02